〜「好道力」がすべて〜

「時代」というやつが、僕をひとつの場所に留めておかないのだ。

 
 15歳、北海道から役者を目指して上京。牧伸二やビートたけしなど時代の寵児とともに「南英司」(芸名)の名前で数々のテレビ番組に出演し、芸能生活25年というキャリアがあるが芸能人としてその存在を誰も知らないという不思議。
 
 後に音楽スタジオ運営やラジオ番組プロデューサーを経て、インターネットサービス歌詞検索サイト「歌ネット」を業界最大手に育て上げ、さらには、世界初のプロンプターを開発した。というわりにはIT業界でもその名はほとんど知られていない事実。
 
 であれば、「自分で書くしかない!」と、15歳から66歳までの「半世紀」(反省記)を、記憶をたどりながら、ただひたすら好きな道を生きた様を書き綴ったのが、今回、調子に乗って出版してしまった「特別な才能なんてない僕が、お金に困らない人生を送っている理由」〜「好道力」がすべて〜という本なのだー。

 こんなもの、誰が読むんだという声も聞こえそうですが…。
呆けないうちに、自分の忘備録として記録しておきます。


ダイジェスト版

「藤川英二」半世紀の歩み

コミックバンドGTフォーコミックバンドGTフォー

 

10代ヒストリー(19661970)  

上京半年後には「美空ひばり」と共演を果たす

 
役者を目指し15歳で単身北海道から上京。演劇学校に通いながら、東宝現代劇で「美空ひばり」と名古屋御園座同じ舞台を踏む。16歳で浅草松竹演芸場に出演。「ファンキーキャッツ」でお笑いの世界にデビューし、日本テレビ「笑点」やコント55号司会のフジTVお昼のゴールデンショー等に出演する。お笑いブームが去り、バンドの世界に足を踏み入れ、歌謡コーラスバンドを結成。


西城直樹とプリティーナイツ

 

20代ヒストリー(19711980)

音楽と笑いで駆け抜けた20代

 
クラブやパブの専属バンドとして青春の日々を送るが、無理がたたり結核で入院する羽目に。入院中オファーがきて、佐藤事務所にて「ブラックジャック」を結成。当時、牧伸二や堺すすむ、泉ピン子などがいる東京の大手お笑い事務所に所属し、高度成長の日本で全国を津々浦々キャバレー廻りや会社の慰安会など、営業で忙しい日々を送る。給料は7万円だがリッチな生活(?)を送っていた。


ビートたけし&シークレットポリス

 

30代ヒストリー(19811990)

ビートたけしのオファーを受けて同じステージに立った30代

 
30歳を期に「ジャイアント吉田とブラックジャック」を脱退。青山三丁目バンドを結成して「お笑いスター誕生」に出演。後にビートたけしと足立区バンドを結成(31歳)。1985年ビートたけしと「シークレットポリス」でコンサート活動を開始。以後、7年あまりビートたけしの音楽活動をサポート。同時に35歳で音楽スタジオ「ページワン」を創業し、CMやPVの音楽制作を始める。


スタジオ「ページワン」

 

40代ヒストリー(19912000)

MIDIスタジオと会社を設立。CM音楽を作り続けた40代

 
42歳で有限会社ページワンを設立し、レーザーカラオケからMIDIカラオケへ移行する中、カラオケデーター制作を受注しミニバブルを経験。44歳プロンプター開発に着手しNHKでのプロンプターサービスを始める。新しいスタジオ「ページワン」を渋谷区笹塚に移転。45歳で茨城放送の番組プロデューサーになり月〜金の深夜枠「ドリームファクトリー」を約7年間制作し続ける。


プロンプター宣材写真

 

50代ヒストリー(20012010)

「歌ネット」を立ち上げ、音楽業界の話題に

 
2001年歌詞検索サービス「歌ネット」をスタートさせ話題になる。52歳スピーチプロンプターを開発・発売。プロンプターのリーディングカンパニーといわれるまでに成長させる。また、折からの携帯ブームの中、これまで25年間続いたスタジオ「ページワン」を手放し音楽制作業務から撤退。「歌ネット」に資源を集中させ、新しいコンテンツを次々に開発する。


ページワン社内にて

 

60代ヒストリー(20112017)

世界初のiPadデュアルプロンプターを開発・販売

 
2012年、世界初のiPad専用プロンプター「プロンプターデュオ」カメラ&スピーチの両方に使える画期的なプロンプターを考案し発売。テレビを始め「日経MJ」など多くの媒体に紹介され話題になる。スマホ版「歌ネットモバイル」が順調にアクセス数を伸ばし業界最大手のメデイアへと成長。2017年4月株式会社ページワンを上場企業の「三谷商事株式会社」へ売却し代表取締役を退任。