脳ストレッチページタイトル画像

パーキンソン病と運動療法

パーキンソン病の原因とアーシングの可能性


パーキンソン病の原因とアーシングの可能性


「パーキンソン病を治す本」の著者である「安保 徹」氏の見解をもとに、パーキンソン病の原因と「アーシング」の可能性・効果を考察してみました。

 
 薬を使わない画期的治療でよくなる人が続出! 「パーキンソン病を治す本」
パーキンソン病を治す本

安保 徹(あんぽ とおる)プロフィール
1947年生まれ。東北大学医学部卒業。現在、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(国際感染医学講座免疫学・医動物学分野)。米国アラバマ大学留学中の80年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。89年、胸腺外分化T細胞の存在を発見。96年、白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。国際的な場で精力的に研究成果を発表し続け、免疫学の最前線で活躍している世界的な免疫学者。

  アマゾンにて発売中!

パーキンソン病を治す本
薬を使わない画期的治療でよくなる人が続出!

「パーキンソン病を治す本」
安保 徹(あんぽ とおる)著者プロフィール
1947年生まれ。東北大学医学部卒業。現在、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(国際感染医学講座免疫学・医動物学分野)。米国アラバマ大学留学中の80年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。89年、胸腺外分化T細胞の存在を発見。96年、白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明。国際的な場で精力的に研究成果を発表し続け、免疫学の最前線で活躍している世界的な免疫学者。

  アマゾンにて発売中!

「パーキンソン病を治す本」より転記

パーキンソン病は自律神経の乱れに起因する脳の血流障害が原因の病気であり、自律神経のバランスを整えて脳の血流を改善させれば、現代医学では不可能とされている進行を食い止めることができるのです。
細胞は血流によって酸素や栄養素を得ています。脳の血流が抑制されて血液が少なくなると、脳の神経細胞は酸素不足、栄養不足に陥り、活力を失っていきます。すると神経間の伝達物質の分泌力が衰え、やがては細胞自身も死んでゆく。これがパーキンソン病なのです。

 

この本では、安保氏はパーキンソン病の原因は、自律神経のバランスと脳の血流が原因で発症する病気と結論づけています。

1、脳の血流障害
血液は全身の細胞に酸素と栄養を送り、老廃物や体にとって不要なものを回収しています。血流障害によって、細胞に必要な酸素や栄養が届かなくなると老廃物が停滞するようになり、細胞は生きる糧を失い、やがて死滅していくことになります。神経細胞の中でもドーパミン生産する脳細胞は血流を多く必要とし、血流障害の影響を受けやすいといわれています。
2、自律神経の乱れ
交感神経と副交感神経がバランスよく働いているときの白血球は理想的な比率に保たれています。
しかし、交感神経の過度の緊張が続くことで、この比率の乱れ顆粒球の割合が高くその分リンパ球の割合が低くなります。交感神経が過度に緊張しているために脳の血流が悪くなり、パーキンソン病の発症に至ることになるわけです。
3、活性酸素の大量発生による組織破壊
自律神経の交感神経は、顆粒球の働きを支配しており、ストレスで交感神経の緊張が続くと顆粒球が増加して、そこから強力な酸化力を持つ活性酸素が大量に発生されます。それらの活性酸素が細胞を次々に酸化させ殺傷していくことで、組織破壊が拡大します。

パーキンソン病を克服するためには、
自律神経のバランスを整え、免疫力の向上を促すことが大切である。

●交感神経優位になると、
顆粒球が増えて血管収縮、血流低下、神経興奮、筋堅張となり、コリや痛み、しびれなどが現れる。 
●副交感神経が優位になると、
リンパ球が増えて免疫細胞の顆粒球が低下して細菌感染やアレルギー症状などが現れる。
 
交感神経の緊張ほぐし、自律神経のバランスを整えて脳の血流を増やしていくことが最も大事です。神経細胞には余禄があって、血流が増えると残っている細胞の力が増強されて、死んだ細胞の役割もかなりの部分で代用できるようになります。

自律神経のバランスが崩れることによって免疫が低下して発病し、自律神経のバランスを整えることで免疫を高めて病気を治すことができるという考え方(福田-安保理論の自律神経免疫療法)。したがって、病気を予防したり直したりするには、

「自律神経のバランスを整えれば良いわけです。」
 
「自律神経のバランスを整える」という観点から考えると、「アーシング」は、自律神経に良い影響を与えることができる極めて自然で、しかもコストのかからない方法であるという点において、アーシングは究極のパーキンソン病治療法の一つではないかと考えることが出来る訳です。

自律神経免疫療法=アーシング!?
 

究極の健康法「アーシング」とは?

アーシングは、裸足や素肌で大地に触れることで、電気的に大地とつながり、体表電気を体外に放出し、身体の電気を安定させることができ、私たちの祖先も何万年という間、このような状態を保って生きてきました。また、足元の地面に自然の宿すエネルギーの源があり、木々が大地に根ざしているように、人間にとっても地面に触れることは、太陽の光、空気、水、食物と同じくらい本質的なもで、地球の電磁気そのものが自然の本来の働きの根源と言えます。アーシングは非常に簡単で自然な健康法なのです。
 
私たちの現代の生活は、テレビ、パソコン、携帯電話など、電磁波の中で生活し、知らず知らずのうちに帯電しています。増え続ける電気製品や電線から発生する電磁波を浴びて過ごす時間が多くなりました。さらに、コンクリート住宅やベットなど、絶縁体であるゴムやプラスチック製の商品に包まれた生活様式に変化し、その結果、大地と電気的に切り離された状態で生活を続けるようになりました。人間の身体は、水分で出来ていて電気を通すようになっており、体内に溜まった静電気も地面に触れることによって大地へ流すことが出来ます。

 

簡単にできるアーシングの方法とは?

 
 

 素足で大地に触れる
素足を地面につけて、コンクリートは避け地面の上を歩くようにする。土や草が湿っていると伝導性がさらに高まります。手のひらや体の一部が地面に接触するだけでも帯電した静電気を放出でき、地球のエネルギーを受け取ることができます。

室内のアースコンセントを使う
アースコンセントを使えば、室内で簡単にアーシングを行うことが出来ます。アースコンセントは導線を伝わって地面に接続されているため、通電性のあるシーツや枕など、市販されているアーシンググッヅを利用することにより、寝ながらアーシングを行うこともできます。

 

主なアーシング効能と症状の改善

アーシングは、神経系のバランスを整えストレスを軽減させます。炎症と痛みを軽減させる効果があり、睡眠とエネルギーの改善に影響を与えます。また、コレステロールやアルコール、糖分の取りすぎでドロドロ状態になった血液を分離させ、血液をサラサラにし血液の循環が良くなり悪いもの(酸化物質)が体外に排出します。さらに、地球の中心から発せられる自由電子を体の中に取り入れ、自然治癒力をアップさせ自律神経に良い影響を与え免疫機能の改善を促します。

1、炎症の改善と痛みの軽減
2、免疫機能の改善
3、自律神経を整える効果
4、血液がサラサラになり血流がよくなる

 

その他、アーシングにより、睡眠の質の向上、手足の冷えやむくみ、ホルモンバランス、慢性的な倦怠感や痛み(炎症)の改善、高血圧の改善からガンや多発性硬化症、その他の難病の治療まで様々な効果が報告されています。
その一方で、アーシングはグラウンディングとも呼ばれスピリチュアルの世界という捉え方をしている人もいますが、現在では数々の文献や研究報告も有り、その効果が実証されています。アーシングを実践を始めた人からは「朝の目覚めがスッキリしてきた」とか、「体が軽くなってきた」、「疲れを翌日に持ち越さなくなってきた」と言う声がよく聞かれます。私自身も、アーシングを始めて直ぐに様々な効果を実感しています。
 
「パーキンソン病を治す本」の著者である「安保 徹」氏の見解をもとに、パーキンソン病の原因と「アーシング」の可能性・効果を考察してみましたが、もっと詳しく知りたい!という方には、下部にアーシングが良く解る動画「ダウン・トゥ・アース」とアーシンググッツを販売している「アーシングジャパン」のHPのリンクを書いておきますので、是非、参考にして「地球大地の未解明パワー」を体験してみて下さい。