薬に頼らないパーキンソン病治療

脳細胞ストレッチボタン

タイトル画像

脳細胞ストレッチボタン画像

タイトル画像

僕はパーキンソン病と告げられた

ランナーのシューズランナーのシューズ

脳を鍛えるには運動が一番

運動することで「思考力」や「学習能力」、「集中力」や「記憶力」、「モチベーション」「コミニケーション力」…など、多くの能力が高まるのです。 具体的には、脳のエネルギーを持続的に生み出す、脳細胞ミトコンドリアが増える。

脳を掌にのせているイメージ画像脳を掌にのせているイメージ画像

脳神経伝達物質が増える

運動をする事により爽快な気分になるのは、心臓から血液が盛んに送り出され脳がベスト状態になるからで、運動が脳にもたらす効果は、身体への効果よりはるかに重要で、むしろ筋力や心肺機能を高める運動効果は二次的効果にすぎない。

走っている女子走っている女子

神経ネットワークの存在

日常の生活の中で、自然に骨格筋を動かして、歩いたり、しゃべったり、食事をしたりしていますが、脳からの指令を運動神経が忠実に実行することで、歩いたり、走ったりできるのです。こうした動きの背後には、神経ネットワークの存在があるわけです。

 

薬物療法から運動療法へ

パーキンソン病の原因は、医学的にはドーパミンが不足することで起こるとされています。脳の衰えに関係していていることは確かです。つまり、筋肉を柔軟に保つだけではなく「脳を回復させる運動」こそが有効ではないかと考えています。

お皿に薬のご馳走お皿に薬のご馳走
 
 

脳細胞を活性化「セラサイズ」の秘密

セラサイズは繊細な動きで全身の筋肉を動かします。脳の血流はアップし、毛細血管が隅々までしっかりと育ちます。使える筋肉が増え体の機能が回復します。セラサイズは、脳と筋肉を活性化する独自設計の動きです。

脳の細胞脳の細胞
 
 

<参考文献>
本サイトでは、脳や運動、パーキンソン病などの記事を掲載していますが、下記の書籍等を引用(一部転載)または、参考にさせていただき、独自に分析し解説したものです。また、ページ内で使用させて頂きました写真等の著作権は各著作者に帰属するものです。
 もっと詳しく、脳や神経細胞のことを知りたいという方は、これら書籍を熟読していただければ幸いです。
 
■脳を鍛えるには運動しかない!
ジョンJ.レイティWithエリック・ヘンガーマン著(野中香方子訳)NHK出版 amazonへ
■運動・からだ図解「脳・神経のしくみ」
石浦章一 監修 株式会社マイナビ出版 amazonへ
■プロが教える脳のすべてがわかる本
岩田 誠 監修 株式会社ナツメ社発行 amazonへ
■頭のいい人は脳を「運動」で鍛えてる
菅原洋平著 株式会社ワニブックス発行 amazonへ
■パーキンソン病少しずつ減薬すれば良くなる!
中坂義邦著 株式会社ブックマン社 amazonへ